何キロ痩せるの?ファスティング3日間の方法・やり方

どうしても短期間で痩せたい時ってありますよね。

  • とにかく短い期間で痩せて周りの人を驚かせたい
  • 何かのイベントに間に合わうように痩せたい

それなら3日間のファスティングを試してみてください。

ファスティングは2日目が山場とも言われていて、その頃から脂肪を燃やしてケトン体をエネルギーにし始めるため、3日続けるとと非常に効果が出やすいんです

体重が減るだけでなく免疫細胞も活性化されて、体がとてもいい状態になる3日間ファスティングの効果とやり方をまとめました。

ファスティング3日間の効果とは?

ファスティングにはダイエット効果、デトックス効果などがあります。

とくに3日間のファスティングでは、1日目以降に脂肪が落ちていくため、2日間から体に嬉しい効果があるんです。

3日間でびっくりするほど痩せられ、腸内のお掃除ができ、さらに成長ホルモンも分泌されるので美肌効果もあるとされています。

ファスティングダイエットで落ちる体重

ファスティングでは1日で1キロ落ちる計算なので、3日間のファスティングでは約3キロ落ちることになります。

ちなみに脂肪の1キロを落とすのに必要なカロリーは7,200kcal。

ファスティングダイエットでは、基礎代謝や消費カロリーなど、さまざまな要素が組み合わされて1日1キロ落ちます。

通常であれば3キロ落とすのは、なかなか大変でリバウンドも心配ですよね。

ですがファスティングで一気に3キロ落として、あとはキープに心を注げば短期間で確実に痩せられます。

健康への効果

ファスティングには、デトックス効果もあります。

ふだんは食事を消化するのに、たくさんのエネルギーが使われているものです。

食事を口にしないことで、節約したエネルギーを体の修復にあてたり、胃腸を休ませられます。

便秘・宿便の解消、キレイなお肌づくり、疲労の回復など体へのよい効果がたくさんあるのです。

こうして体は健康を取り戻せるのです。

2日間のファスティングでもこれらの効果はありますが、3日間からが本番!

長く続けるほど、体へのさまざまな健康効果を実感できるでしょう。

心のリフレッシュ効果

3日間のファスティングでは、血中のケトン体が増えるところがポイントです。

ファスティングだけでなく「糖質制限をしてケトン体質になる」というダイエットや「ココナッツオイル」が流行した時にも言われたこと。

脳で使われるエネルギーがケトン体になることで、脳は通常とは違いリラックスした状態となります。

慣れてくると、胃に何も入っていないのにも関わらず空腹感を感じなくなるため、すごく頭がクリアな状態になれるのです。

このスッキリした気持ちは、ファスティングでなければ経験できない感覚です。

ファスティングのスケジュールを立てる

実際のところ、いくら自分の覚悟が決まっていても、3日間のファスティングをするとなると自分だけの問題ではなくなってきますよね。

とくに家庭を持っている人は、3日間も食べないとなると家族がびっくりしてしまうのが最大の難点ではないでしょうか。

また仕事に行ったらランチや帰りの付き合いもあるので、なかなか3日間を一人で自由に過ごすことはできないかもしれません。

3日間のファスティングをすると決めたら、重要なのがこのスケジュール管理なんです。

週末などの連休を使うのがおすすめ

ファスティング中は、眠くなったり力が出なくなったりもするので、仕事などがお休みの日がおすすめです。

家庭を持っている女性なら、なるべくなら家族が用事で出かけており、家事などを休めるときがいいかも知れませんね。

週末の2日間に1日のお休みをプラスしたり、3連休を使って行えると1番楽だと思います。

家族にはちゃんと説明をして、もしそれでも難色を示されたら、思い切って近くのホテルに泊まってみるのもひとつのアイデア。

たまの非日常は、リフレッシュにもいいかもしれません。

ファスティング3日間のやり方・方法

それでは実際にファスティング3日間のやり方を見て行きましょう。

先ず大切なのが、ファスティングには準備期間と回復期間が必要だということです。

つまり、3日間のファスティングをするのなら、回復期間として終えた翌日も食事の制限が必要です。

置き換えの飲み物を準備する

ファスティングの準備としては、まずファスティング中に飲む置き換えのダイエットドリンクを用意することです。

ファスティングを水だけで過ごすやり方もありますが、ストレス緩和や栄養補給、安全面からもダイエットドリンクを利用するのがおすすめです。

増してや3日間は結構長く感じるので、自分の納得できるお気に入りの飲み物を用意するのが成功への鍵だと思います。

>>ファスティングにぴったりな飲み物

ファスティング中のメニューと過ごし方

前日の食事を軽くしたら、いよいよ3日間のファスティング期間に入ります。

この3日間はできるだけ水分をたくさん摂って、3食の替わりにダイエットドリンクを飲みながら過ごします。

ふだんは意識をしなくても、じつは食事から多くの水分を摂っているので、ファスティング中には水分不足に陥りがち。

その分だけ意識して多めに水分をとりましょう。

3食の食事の時間には、ダイエットドリンクを飲んで、最低限の栄養を補給します。

あとは無理をしないで、軽いヨガや気分転換になるストレッチをしたり、本を読むなどゆっくり過ごしましょう。

回復食のやり方

ファスティングが終わったあとの回復食も大切です。

3日間のファスティングを終えたつぎの日の朝は、軽いお粥をいただきましょう。

空の胃に入る最初の固形物でとても吸収されやすいため、軽めに食べることがリバウンド防止に大切です。

また胃腸の負担を減らすためにも、少しずつお粥の量を増やしましょう。

物足りない気持ちは、ファスティング中の食事と同様に、酵素ドリンクなどと併用するのもいいと思います。

ファスティングにおすすめの飲み物

ファスティング中は、ダイエットドリンクを3食の食事に置き換えます。

これは空腹感を減らすためと、必要最低限の栄養を補給するためです。

ファスティングを専門に行っている断食道場などでも、ダイエットドリンクはちゃんと摂るところがほとんど。

自宅でファスティングをする場合には、安全面から考えてもダイエットドリンクは必要です。

酵素ドリンク

栄養が摂れて、体の代謝も良くしてくれるのが酵素ドリンクです。

野菜や果物から作られているので栄養も摂れますし、体内では消化にばかり使われてしまう酵素を補えます。

ファスティングの専門家が作っていたり、ファスティング用に作られていることも多いので、これがあれば安心して取り組むことができますね。

栄養や酵素の補給の観点から、ファスティングドリンクに何を選んだらいいか分からないという人は酵素ドリンクを選ぶといいでしょう。

>>酵素ドリンクランキングを見てみる

スムージー

手作りのスムージーもダイエットドリンクとして活用できます。

スムージーは市販のパウダータイプのものがおすすめで、水に溶かせばいつでもすぐに飲めるのがメリットです。

また価格も酵素ドリンクやコンブチャといった、ボトルタイプのものとくらべても割安なので、節約してファスティングしたい人にもいいかもしれないですね。

>>スムージーランキングを見てみる

市販の野菜ジュースやヨーグルトは避ける

市販の野菜ジュースやヨーグルトもヘルシーなイメージがありダイエットドリンクに向いていそうですが意外とカロリーがあるのでおすすめしません。

またヨーグルトは動物性のタンパク質からできていますし、野菜ジュースは糖質が多いのでせっかくのファスティングを邪魔してしまいます。

まとめ

3日間のファスティングは、脂肪が燃えてケトン体がエネルギーに使われて体質が切り替わることが実感でき、短期間でしっかりと体重が落とせます。

時間がとれる人や確実な効果が欲しい人にはおすすめです。

失敗しないためには、ちゃんとファスティング中に喉が乾かないくらい水分をたくさん摂るのと、栄養補給、回復食を摂ることです。

始めるまではハードルが高く感じるかも知れませんが、体のメンテナンスのためにも定期的に取り組むのもいいのかもしれませんね。

これから初めてチャレンジしたいという人は、安全のためにも無理をせず、体調が悪いと感じたらすぐに中断するように気を付けてください。

そして水だけで自己流なファスティングはせずに、必ず基礎を守って酵素ドリンクなどを使った安全な方法で取り組むようにしましょう。

>>酵素ドリンクランキングを見てみる