じつは影響がすごい!断食の効果と精神の関係とは

「なんだか心がスッキリしないから、リセットする方法はないのかな?」

「断食すると精神的によい影響があるって聞いたけど本当なの?」

あなたはこんな悩みや疑問をお持ちではないでしょうか。

運動をしても、思いっきり遊んでも、なんだかスッキリしない時ってありますよね。

もしかすると、こんな時には断食をすると気持ち切り替えにつながるかもしれません。

断食には様々な効果があり、中でもダイエットが有名な効果ですが古くは宗教の中の修行や戒めから発展してきたものです。

健康促進や免疫力を上げて病気をよくしたり、精神面へのよい影響があることなどを理由に、たくさんの人が生活に取り入れています。

とくに健康面と精神面へのよい影響は、知らないことがもったいないほどの効果があるのです。

このページでは断食をダイエットという切り口ではなく、この記事では健康面や精神面の効果へについてご紹介します。

断食の健康面での効果

断食で効果の一つに健康へのアプローチがあります。

◆断食の健康面での効果

  • 宿便・便秘を解消できる
  • 免疫力が高まる
  • 生活習慣病を撃退する

このような効果が期待できます。

宿便は健康の大敵

まず宿便がなくなることについてです。宿便とは長い間腸の中にとどまり異常発酵した便のことを指します。

いわゆる便秘の状態ですね。宿便は食べ過ぎで起こります。腸が正常な状態であれば朝4時〜12時までの時間帯にモチリンというホルモンが分泌され、このモチリンが排便を促進します。

ですが食べ過ぎ、特に朝食を食べることにより排泄よりも消化を優先してしまうため、モチリンの分泌が減り結果的に便秘気味の状態を作り出してしまいます。

逆説的には朝食べないことにより排泄が促進されるとも言えます。

宿便が溜まることによって、胃腸の中にある食べ物、特に肉類などは腐敗していきます。そうなると体は長期に残っている食べ物は栄養と同時に毒素を含んでしまうことになります。結果腸から栄養と同時に毒素も吸収されてしまうのですね。

このことが便秘が肌に悪いなどと言われる所以なのです。

また、一度体に入りこんだ毒素は代謝して水に溶かし外に出さなければなりません。この代謝にとてもエネルギーを使うため疲れやすい体になってしまいます。

免疫力の向上

次に免疫力の向上についてです。

実は体というのは満腹な状態に比べて空腹であればあるほど免疫力が高まります。どれくらい違うのかと言うと、通常時に比べ白血球やマクロファージ、ヘルパーT細胞の活動が満腹時に比べて数倍以上になるのです。

何故、風邪の時に食欲が無くなるのかは実はこのことが真実であり、強制的に空腹状態にすることで免疫力を上げ、発熱することでさらに免疫力を上げウイルスの活動を弱らせることと行っているのです。

蛇足ではありますが風邪で食欲が無い時にはあまり無理に食べてはいけないということなのですね。

生活習慣病の撃退

これはシンプルに断食することで糖質や脂肪が減りますから、肥満が原因である生活習慣病を撃退してしまう訳です。日本人の死因で上位を占めている、ガン、脳卒中、心疾患、糖尿病などはほぼ全て食べ過ぎや肥満が関わっていると言っても過言ではないことからこれをクリアできる断食は非常に有効な手段と言えるでしょう。

生活習慣を変える第一歩は食生活の改善です。食事が明日の私達の体を作っているのです。

断食の精神への影響とは

断食で得られる最後のパワーが精神面への効果です。

断食は過去の偉大な宗教家、イエスキリストやブッダ、ほかにもイスラム教などでも様々な偉人が断食を修行として行っています。

ブッダは断食と瞑想によって悟りを得たのだとか。

今でも精神修行の一貫として断食は行われています。

つまり精神へ影響があり、かつ有効であるからこそ脈々と続けられている方法なのです。

断食すると使われる栄養「ケトン体」

実際に断食が精神へ影響のある科学的な理由もあります。

脳はブドウ糖で動いていて、一般的にはブドウ糖が唯一の脳の栄養源といわれていますが、じつはこれは誤り。

もし仮にブドウ糖が唯一の脳の栄養源とするならば、断食をする、または極限の飢餓の中で耐えることができないことになってしまいます。

ですが断食状態にある時ほど脳は活発で明晰になっていきます。

一般に言うクリアな状態ですね。

ぼーっとした状態とは反対の状態で、とても研ぎ澄まされた状態です。

これはブドウ糖がなくなると、脳は脂肪を分解してケトン体を燃料として使用し始めます。

このケトン体で動く際の脳は、とても集中している時や瞑想状態で見られるα波が計測されるのだとか。

この状態で思考することで、いつもは得られない体験ができるため、精神の大きな成長が期待できるそうですよ。

断食をする方で、10日以上の長期断食を行う方は、ほとんどがこの精神的な影響を求めて断食するそうです。

断食を行い、思考を研ぎ澄まし、自分と向き合うことで成長できるということですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です