断食中にチートデイは本当に必要?断食にはちょっと微妙な理由

チートデイという言葉を聞いたことがありますか?

断食を始めたら食べないこと、つまり水分以外の固形物は口に入れないのが原則です。

ですが断食でダイエット効果を促進するために「チートデイ」というものがあり、例外的に食べ物を意図的に食べる場合があります。

チートデイとはどういうものでしょうか。

そして、断食でチートデイを使うことは、果たして良いアイデアなのかを探ります。 

チートデイとは何か

チートデイとは、英語のcheat(だます、ごまかす)とday(日)が組み合わさってできた造語です。

チートデイは、減量やボディビルなどの肉体改造を行なう人が、ダイエットプログラム中などに使う用語です。

「だます日」とは文字通り「体をだます日」のことです。

食事制限が厳しいと、体はできる限り入ってきたエネルギーと、体に残っているエネルギーを効率よく使おうとし、生命維持に努めようとします。

この現象を「基礎代謝が下がる」と呼び、代謝エネルギーを最小にして、省エネモードに切り替わるのです。

食事制限をすると、体はできるだけ基礎代謝が低下させてできる限り燃費よく生命活動を維持しようとします。

つまり、たくさん食べなくても大丈夫=痩せにくい状態に切り替わっていくのです。

ダイエットで順調に痩せてきていたのに、急に体重も落ちなくなったという停滞期がありませんか?

これは、この体の基礎代謝のメカニズムが、うまく働いているからだったのです。

ですが痩せたい、減量したいという人にはこの痩せにくい状態は困ったものです。

そのため意図的に急に多く食べて食物カロリーを摂取することにより、体にきちんとエネルギーが入ってくるということを認識させる日を作ります。

これにより、身体はまた基礎代謝をもとに戻し、順調に体内のエネルギーを燃焼し始めてダイエットの停滞を防ぐことができると言われています。

減量中に基礎代謝が低下した体をだますために、意図的に食べる日のことをチートデイと呼びます。

あまりおすすめはしない

世界のダイエッターや、ボディビルダーがこぞってこのチートデイを減量プログラムにとり入れています。

では断食の場合はどうでしょうか?

断食を続けていると、体が生命活動を維持するために基礎代謝を落とし始めるスイッチが入ります。

スイッチが入ると、体重の減少が停滞することがあります。

このため、断食にもチートデイを設けると、より効果的なのではないかと考える人もいます。

通常のダイエット方法であれば有効かもしれませんが、食物を一切摂らない断食では、原則としておすすめしません。

断食中に急激な食物摂取や、飲料であってもカロリーの高いものを食べることは、断食でスリープモードに入っている内臓に大きな負担となります。

体調の激変や、不調、病気などを引き起こすこともありますので断食にチートデイを設けるのはやめたほうがよいでしょう。

 取り入れる場合甘い物と炭水化物は避ける

ですがどうしてもチートデイをとりいれて、断食にトライしてみたいという場合には、避けてもらいたい食品がいくつかあります。

胃腸に負担になる揚げ物などは言うまでもなく、体にそれほど悪そうに見えないご飯やパンなど炭水化物と甘いものです。

炭水化物と甘い物には、ほとんどの場合多くの糖質が含まれています。

糖質は急激に血糖値を上げますので、血糖値の乱高下によって体調不良や病気を招きやすくなります。

また、糖質には中毒性があるので、断食中に食べてしまうと勢いがついてしまい、より食欲が強くなることにもつながります。

どうしてもチートデイを入れる場合にも、甘い物と炭水化物はとらないようにしましょう。

酵素ドリンクがあれば断食にチートデイは必要ない

最近の断食では、かならずと言っていい程酵素ドリンクが使われています。

酵素ドリンクの使い方は、ご存知の方も多いかもしれませんね。

1日3回、食事の代わりに酵素ドリンクを炭酸水で割って飲むのです。

食事の代用として酵素ドリンクを飲むことで、断食中に起こる基礎代謝の低下スイッチが入ることを防止する役割もあります。

最小限のカロリーと糖質で抑えているため、胃腸に負担をかけたり、リバウンドの原因になることもまずありません。

断食中にチートデイを設けるのであれば、酵素ドリンクを使用する方が、もしかすると効率的に痩せられるかもしれませんね。

▶比較しよう!おすすめの酵素ドリンクランキング2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です