何が違う?ファスティングと断食の違いをやさしく解説

断食とファスティングって、よく似ているように思えますが、どんな違いがあるのでしょうか。

雑誌などのダイエット特集では「ファスティング」と呼ばれていますし、健康関連の本では「断食」という呼ばれているようですね。

今回はちょっとしたことではありますが、このファスティングと断食の違いという点を解説したいと思います。

断食とファスティングは同じ意味

早速ではありますが、結論からお話しますが「ファスティング」と「断食」は基本的に同じです。

ファスティングとはアルファベットにすると「fasting」となり「fast」の現在分詞形です。

fastとfastingの意味合いとしては「断食」や「絶食」などを意味しますので、「断食」がそのまま同じ意味ですね。

ですがイメージとしては「断食」と言ってしまうとかなり硬いというか、より厳格なイメージにとられやすいのも事実。ファスティングと言えば断食のイメージよりも大分柔らかいイメージを

持たせることができますので言葉のニュアンス的な違いだけだと言えます。

ファスティングの方が今風かも

女性誌などでの特集ではダイエットの記事として、断食が取り上げられていますがほとんどの場合「ファスティング」の名称で呼ばれています。

また、本屋に行けばたくさんの断食やファスティングのハウツー本が販売されていますが、9割は「ファスティング」の表記で呼ばれています。

これは先程と同様のより「柔らかいイメージ」を狙ったことだと思います。

ですがその「イメージ」とは別にもう一つ「断食」と「ファスティング」を呼び分ける場合があります。それは「プチファスティング」と呼ばれる限定的な断食を行う場合。

現在、女性誌などで組まれているファスティングについてはほとんどが、この「プチファスティング」であることが多いです。

本格的な「ファスティング」を取り扱っている雑誌などは非常に少ないようです。

この点を加味するとほとんどの場合が下記の通りと思っておいてよいでしょう

断食

完全な断食。1日から数日に渡り水を中心とした飲み物だけを口にする本当の意味での断食。断食と絶食の違いについても多少違いがありますが、ここでは割愛します。

ファスティング

1日のうち、1食から2食を抜くことにより、ダイエット効果を求める限定的な断食。

一般的に「プチ断食」や「プチファスティング」と呼ばれることが多いですが単に「ファスティング」と書かれている場合も「プチ断食」を指すことが多いです。

また女性向けのライトなダイエットでの呼称である場合が多いようです。

>>じつは影響がすごい!断食の効果と精神の関係とは

>>痩せる・健康になる!ファスティングの5つの効果とは?