ファスティングで健康になる理由!そのおどろきの効果とは

「ファスティングで健康になれるのは本当?」

「ファスティングはデトックスに効果的なの?」

有名人にも愛好者の多いファスティングですが、健康やダイエットにいいと聞き、それが本当なのか気になっている人も多いことでしょう。

とくに健康に関して関心がある人もきっと多いはず。

今回はファスティングで健康になれる理由を、こまかいところまでくわしくご紹介します。

食生活が乱れると体に毒素が溜まる

私たちの体は、日ごろ食生活が原因で、毒素などの不要な物が溜まっています。

体はとても不思議で素晴らしい浄化機能がありますが、意識しなければうまく働かせられません。

とくに問題なのは「食べ過ぎ」で、お腹がいっぱいなままでは消化に手一杯となってしまうため、じゅうぶんに排泄できないのです。

食べたものはすぐに消化して吸収する必要があるので、排泄はどうしてもあと回しになってしまいます。

栄養も摂りすぎは毒!ほどほどを心がけよう

「毒」というといろいろな有害なものが思い浮かぶと思います。

農薬類や重金属など、食事から体に入る有毒物は数多くありますが、じつは栄養だって毒になりえます。

炭水化物・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラルなど、どの栄養素も摂りすぎは毒。

権威のある人でも「栄養豊富な食べ物は、摂り過ぎても困ることはない」と主張する人も多く、医師でさえもそれを肯定する人もいるほどなんですね。

とくに炭水化物や脂質の摂りすぎは中性脂肪になるし、タンパク質も摂りすぎると肝臓に負担をかけてしまいます。

ビタミンやミネラルだって同じなんですね。

添加物や重金属も体に溜まる

食べすぎの問題は、栄養の摂りすぎだけにはとどまりません。

質の悪い食事を続けると、使われている添加物や重金属を体に入れてしまうことに。

添加物は肝臓や腎臓で分解されますが、そのために大きな負担をかけてしまうため疲れやすい体質になることでしょう。

重金属は取り込まれると脂肪に蓄積するため、その脂肪が分解されない限り体にダメージを与え続けることに。

つまりダイエットが必要なワケですがそこでオススメなのがファスティングなのです。

ファスティングで体の毒素を外に出す

ファスティングをすると体の毒素が排出されます。

これにはいくつかの仕組みがありますが、いちばんの理由は食べないことで体が「出すモード」に変わるから。

人の体は食べていると、消化と吸収を優先するようにできています。

もちろんふつうに食事をしている場合でも、お通じできることもありますが、これは正常に出たというより、無理やり押し出したという感じですね。

本来なら食べない時間を取り、自然な形で排泄することが理想なんです。

ファスティングをすると体験できますが、数日経つと食べていないのにも関わらず、一気に便が出たり、何度もおしっこのためにトイレに向かうことになるでしょう。

ほかにも白いシャツを着ていると、汗ジミが黄身がかることもあるのだとか。

これがファスティングで体の毒素が排泄されるわかりやすい例です。

オススメのファスティングのやり方は?

ファスティングといっても、いくつかの方法があります。

スタンダードなファスティングとは、3日間ほどの日数を飲み物だけですごす方法です。

一般的にはファスティングといえばこの方法で、ダイエット・健康への効果もバツグン。

ですが3日間何も食べない、ということは、決して楽なものではなく強い動機と目標が必要でしょう。

対してプチ断食(プチファスティング)とは、1日3回の食事のうち1食を飲み物で置き換える方法です。

この方法では、ダイエットと健康への効果を実感できるまで1ヶ月ほどは時間がかかることがネック。

ですがきつい思いをしなくてよいことは、それを補ってあまりあるメリットだと言えるでしょう。

本気でダイエットや健康のためにがんばりたい人はファスティングを、カジュアルにファスティングに挑戦してみたい人はプチ断食に挑戦してみるとよさそうです。

より具体的な方法はつぎの記事も参考にしてみてくださいね。

>>わかりやすく解説!ファスティングの方法・やり方まとめ