ファスティングをすると宿便・便秘がよくなるのは本当?

美容や健康が気になる人には、宿便や便秘との関係が気になるのではないでしょうか。

とくに宿便については、特別な解消法をしている美容家などの話もメディアで話題になりますよね。

「宿便は体にも美容にもアンチエイジングにも悪そうだけど、解消するのは大変そう」

あなたも宿便にこんな印象を持っていませんか?

でも宿便はそれほど特殊なものではなく、体の排出機能を高めれば解消できるものなんです!

そして体の排出機能を高められて、デトックス効果のある健康法と言えばファスティングです。

ファスティングはデトックス以外にもダイエットや美容への効果など、女性に嬉しい効果のあることでも知られていますよね。

今回は宿便とその解消法として有効なファスティングとの関係についてご説明します。

宿便とは

はじめに宿便は便秘とほぼイコールということを覚えておきましょう。

まれに宿便を何年も出すことができずに、腸にコールタールのようにこびり付いてしまった便と書かれることもありますが、これは間違いです。

というのも、腸壁は常に古い細胞から新しい細胞に替わり剥がれていくもの。

そこに便がついていれば、便も一緒に剥がれおちてしまうため、長く便がこびりついていることはできないのです。

とはいっても宿便自体がないのかというとそうではありません。

ふつうの生活をしていると次から次へと食べ物が体内に入っていくため、便が出しきらないままに渋滞してしまうのです。

つまり宿便とは消化や排出の許容量を超えて食べ過ぎているせいで、腸の中に滞っている便のことなんです。

宿便の原因

排出しきれずに、腸の中に便が滞ってしまう宿便の原因が知りたいですよね。

ただ便を出やすくするだけでなく、根本から原因を探って対策を練りましょう。

食べ過ぎで処理が追いつかない

腸は体内に入ってきた食べ物を、消化・吸収・排出するというたくさんの役割を持っています。

その中でも宿便は、便が滞っていることから、ただの排出の問題だと考えている人は多いのですが、じつは食べ過ぎがことの始まりなのです。

じゅうぶんに排泄が済んでいないのに、次から次へと食べ物を体内に入れてしまうと、処理が追いつかなくなってしまいます。

まだ消化が終わっていない状態で食べてしまうと、どんどん便が溜まるのは想像できますよね。

そもそも体は消化と排泄の両方が必要になった場合、消化を優先するようにできているのです。

水分が足りていない

便秘になると食物繊維や乳酸菌を中心とした対策に頼ってしまいますが、その前に水分が足りているか見直しましょう。

慢性的に便が溜まっている場合は、まず水分が足りていないケースがほとんど。

水分が足りないと、便の水分が吸収されるために固くなってしまいます。

便が固く少なくなると、腸のぜん動運動がうまく働かなくなるので、便が出にくくなってしまうのです。

そして便が固いと、排出時に直腸などを傷つける恐れもあります。

一時的に便秘薬などを飲むよりも、まず水分が足りているかを確認してみましょう。

一日に必要な水分については諸説ありますが、わたしの経験上2リットルを目安にすることをおすすめします。

宿便(便秘)の問題点とは

宿便が体に悪いというのはなんとなくわかりますが、具体的にはどんな問題があるのでしょうか?

じつは腸は第二の脳と言われるほど大事な臓器なんです。

そこに便が留まっている、つまり腸が汚れているということは、たくさんの問題を引き起こしてしまいます。

便秘で起こりやすい肌荒れなどの問題のほかに、疲れや体調の悪さも含まれています。

異常発酵(腐敗)して毒素を撒き散らす

腸に溜まった宿便は、排出されない間に異常発酵して腐ってしまいます。

そして腸の中で異常発酵した宿便は、毒素やガスをまき散らすために、それが腸壁から吸収されます。

腸は栄養と毒素の区別はできないため、すべてを吸収してしまうので、毒も吸収してしまうのです。

とくに動物性たんぱく質は悪玉菌のエサになりやすく、腸の中で腐りやすいので、肉・卵・牛乳などが好きな人は要注意です。

慢性的な疲れ

腸から吸収された毒素は、血液に入って体中をめぐります。

そしてその毒素はどうなるかというと、解毒機能のある肝臓が分解します。

肝臓には血液中を流れている毒素を細胞に取り込んで消化する働きがありますが、あまりに酷使すると肝臓も体も疲れてしまうでしょう。

使われ過ぎて疲労した肝臓は、機能が低下してしまい、解毒や代謝が充分にできなくなるのです。

そうなると毒素が溜まりやすく、エネルギーも不足するので、全身の疲労につながります。

あなたの感じている慢性的な疲れは、宿便原因である毒素を、肝臓が分解していることが原因なのかもしれません。

肌荒れなど  

便秘が肌の状態に影響があることは知られていますが、もちろん宿便も美肌の大敵です。

腸内で宿便が異常発酵したことで生じた毒素は、腸壁から吸収されて血液を通して体中を巡ります。

その血液は表皮の近くを通るので、肌荒れや吹き出物にも影響を与えてしまうのです。

宿便(便秘)の改善にはファスティングがおすすめ

宿便を解消するためには、さまざまな選択肢がありますが、安全で手軽にできる方法として、ファスティングをおすすめします。

便秘薬などはクセになってしまうことがありますし、相性のいい薬を見つけるのは時間がかかるものです。

ほかには腸洗浄などもありますが、あまり気軽にはトライできないですよね。

デトックス効果もあるファスティングなら、体がすっきりする感覚がはっきりとわかりますよ。

食べないことで宿便が解消される

さきほども説明した通り、宿便は便が排出されていないのに、つぎつぎと食べていることが主な原因です。

そもそも私たちはお腹も空いていないのに、なんとなくの感覚だけで食べ過ぎているもの。

食べ過ぎは消化に大きなエネルギーを使うため、知らないうちに体に負担をかけているということですね。

ファスティングで食べないことで、腸は排出に集中できるため宿便が解消されます。

またファスティング中は、たくさんの水を飲むことになるため、便を出やすくする効果もあります。

ファスティングで宿便(便秘)が解消されるとどうなるの?

ファスティングで便秘や宿便が解消されると、体からいらないものを出すデトックス効果が得られます。

デトックスとは体中の毒素を排出させることなので、腸で発生した毒素を失くすための根本的な解決にも繋がります。

疲れを感じにくくなる

ファスティングで宿便が解消されると、酷使されていた肝臓の負担が軽くなります。

肝臓には代謝と解毒という大きな役割がありますが、どちらにも大きなエネルギーを使います。

宿便が滞るほど、有毒物により腸内環境が悪くなるため、解毒に負担がかかり肝臓が疲れるのです。

宿便が解消されると、肝臓が疲れから解放され、体の疲労感も軽減されるでしょう。

肌荒れが解消される

腸の中から宿便がなくなれば、吹き出物や肌荒れなどのトラブルもなくなります。

腸内環境はそのままお肌の状態に出てしまうので、腸内環境が整えばその分お肌はきれいになるということ。

便秘が肌荒れの原因になることは知られていますが、これは腸内で便が腐ってしまい、有毒物が肌に悪影響を与えることが原因。

ファスティングすることで肌荒れは解消されますが、ふだんの食事にも気を遣い、宿便・便秘を溜めないようにすることが大切です。

まとめ

ファスティングをすると、消化の負担がなくなるため、デトックス効果や排便を促すホルモンの働きにより、宿便の悩みも解消されるでしょう。

宿便は長くとどまるほど異常発酵を起こして腐ります。

腐った便は腸内環境を荒れさせ、血液から有毒なものを全身に運び、それが肌荒れなどの不調を引き起こします。

それだけにはいたらず、毒物を分解するために肝臓を酷使させ、つねに体に疲労感を残す原因にもなります。

宿便の解消にはいくつかのアプローチがありますが、ファスティングはその中でも強力に効く方法です。

ダイエットだけではなく、宿便や便秘で悩んでいる人にもおすすめ!

ぜひ試してみてくださいね。

>>わかりやすく解説!ファスティングの方法・やり方まとめ

>>痩せる・健康になる!ファスティングの5つの効果とは?