高い効果の反動!ファスティングで痩せるとリバウンドしやすい理由

ファスティングダイエットで短期間で体重を落とせたとしても、リバウンドですぐに体重が戻ってしまわないか心配な人もいるのではないでしょうか。

どんなダイエットにもリバウンドはつきものとはいえ、短期間で痩せるファスティングではより心配になります。

「ファスティングは激しいダイエットだからリバウンドも激しいのかな?」

今回はなぜダイエットしても体重が戻ってしまうのか原因を探りつつ、リバウンドしないためにはどうしたらいいのかをまとめてみました。

ダイエットにおけるリバウンドとは?

ご存知の通りリバウンドとは、ダイエットの後に体重が元通りに戻ってしまう、またそれ以上になってしまういやーな現象のことです。

一般的に長い時間をかけて元に戻るよりは、ダイエット後にすぐ体重が戻ったり、逆に増えてしまうことの方が多いです。

痩せている状態を維持できていないので、ダイエットとしても成功とはいえません。

一時的にでも痩せられるならいいと思ってしまう人もいるかも知れませんが、リバウンドを繰り返すと代謝が落ちるため、痩せにくい体になってしまうので注意が必要です。

ファスティングで痩せた後にリバウンドする原因

ではファスティングダイエットの後にリバウンドしてしまう原因を見て行きましょう。

ひとつは気の緩みやストレスからくる過食が挙げられます。

ダイエットをすればもう体重が増えないわけではもちろんありません。

それなのにダイエットのご褒美にと「ケーキ食べ放題」や「焼き肉」などを目標にしては、気の緩みから食べ過ぎてあっという間にリバウンドしてしまいます。

また我慢のしすぎも、何もかもがどうでもよくなる瞬間が訪れるて過食に走ってしまいがちなので、ストレスを溜めずにダイエットをすることが大切です。

ホメオスタシス(生体恒常性)

精神的なストレスだけではなく、体の仕組みにもリバウンドをしてしまう原因があります。

それは食事が安定して摂れなかった時代に、人類の体に組み込まれたホメオスタシスと呼ばれる、生命維持装置のような役割をしている働きです。

ホメオスタシスはある期間エネルギーが摂れなくても生きていけるように、少しの食物からたくさんの栄養を摂り込んだり、消費エネルギーを少なくする働きがあります

そのためホメオスタシスを働かせてしまうと、いくらダイエットをしても痩せにくく太りやすい状態となるのです。

ダイエットの停滞期をもたらすのもこのホメオスタシスなので、諦めずに乗り越えることが大切です。

急激なダイエットはリバウンドしやすい

一定の状態を保つという働きが体にあるので、短期間で変化が大きいほどホメオスタシスが働きます。

そのため、変化を少なくしてホメオスタシスが働きにくいように、体重の5パーセントほどを減らすダイエットがリバウンドしにくいと言われています。

短期間で痩せるよりも、長期間で痩せるとリバウンドしにくいということですね。

ですがファスティングダイエットの場合は一回で落ちる体重が多いので、どうしてもリバウンドしやすいダイエットだということになります。

とはいえ体重の5%と考えると、大抵の人は2キロ痩せらればホメオスタシスが働いてしまいます。

そのためファスティングに限らず、短期間痩せるダイエットはどれもリバウンドの恐れがあるということですね。

つまりホメオスタシスとは、うまく付き合っていくことが大切なのです。

ファスティング後にリバウンドしないための秘訣

ダイエットの成功は体重が落ちたその瞬間ではなくて、その体重を維持できたときと考えてください。

ファスティングでせっかく体重が落ちたのなら、リバウンドしないように注意しましょう。

ファスティングはたしかに短期間で痩せられますが、痩せたあとの体重を維持することを加味して、1ヶ月ほど過ごすとダイエットも成功しやすいです。

仮に1食食べ過ぎてしまっても、つぎの食事やつぎの日全体でカバーして、焦らずダイエットを続けて行くのが大切だといえるでしょう。

回復食をする

ファスティングダイエットのリバウンドを防ぐ大きなポイントは、ファスティングが終わった後の回復食です。

体はホメオスタシスの影響で飢餓状態ですから、食事からたくさんの脂肪が付いてしまうでしょう。

お粥などの軽いものを、少量ずつ食べることからスタートし、どか食いしないことが大切なんです。

リバウンド以外にも、胃腸に負担をかけないために、急にいつもの食事に戻すことは厳禁です。

どんなにお腹が空いていても、回復食はお粥を少しずつ食べるということを忘れずに。

>>断食・ファスティングの回復食で失敗しないコツとは

1ヶ月間糖質と脂質を少なめに

ダイエットで落とした体重がちゃんと安定するまでは、糖質と脂質を少なめにした食事を心がけましょう。

エネルギーになりやすい糖質や脂質は、ホメオスタシスが働いている状態だとよけいに吸収されやすくなってしまっています。

これらの栄養素はもともと太りやすいものではありますが、ダイエット後に食べすぎるといつもよりもさらに太りやすくなっているんですね。

ふだんの生活でも自然と糖質、脂質は多く摂ってしまいがちなので、これを機に栄養バランスを見直すのもいいのかもしれないですね。

まとめ

ファスティングダイエットでリバウンドしてしまう原因は、ストレスによる過食や油断から来る食べ過ぎ、そしてホメオスタシスの働きです。

しばらく何も食べず、飢餓状態になった体は栄養を吸収しやすくなっていると考えてよいでしょう。

回復食にはお粥を少々、そのあとも1カ月は食べるものに注意して過ごしてください。

なにはともかくファスティングで体重を落としたあとは、しばらくキープすることに専念してみてください。

より正しいファスティングの方法は、こちらの記事も読まれてみてくださいね。

>>わかりやすく解説!ファスティングの方法・やり方まとめ