有名人もやってる!一日一食生活のメリットを力説します

こんにちは!

  • 最近は疲れがなかなか取れないなあ
  • 休みの日もたっぷり寝てるのにだるい
  • 食事もたっぷり摂っているはずなのに毎日だるい

あなたは自分の体調について、こんな悩みはお持ちではありませんか?

不摂生してる、していないに関わらずいつも体の疲れを感じることってありますよね!

こんな悩みを持っている人はあなただけではなく、たくさんの人の悩みでもあります。

ですがその一方で、毎日元気いっぱいに仕事や遊びに精を出している人もいます。

同じ人間なのに、こんなにエネルギーに違いがあるなんて、いったいどこに違いがあるのでしょうか。

今回は有名な人も多く取り入れている、一日一食の生活についてご紹介します。

芸能人・有名人もやっている一日一食

とてもアクティブで、精力に満ち溢れている芸能人・有名人を例に考えてみましょう。

タモリさんやビートたけしさんは、毎日テレビ局でハードな収録し、公言しているように多芸で多趣味です。

あのバイタリティは一体どこから来ているのでしょうか。

ライブドアニュースでこんな記事がありました。

タモリやビートたけしらが実践する「1日1食」 若返りに効果?
ライブドアニュース2015年9月13日 6時0分

  • タモリやビートたけしらが実践している「1日1食」の効果を紹介している
  • タモリは超少食主義でいて、「いいとも」を体調不良で休んだことはなかった
  • 食事量を減らすと、内臓や組織の細胞を活性化させ、若返りにつながると識者

タモリさんは「いいともを体調不良で休んだことが無い」というのですから、驚き以外の何にでもありません。

彼らの食生活である、一日一食の食べ方に秘密が隠されていました。

一日一食で体が疲れない

一般的には元気になるため、または疲れを取るためには「精力の付くものをたくさん食べること」「肉などの動物性タンパク質を取ること」がすすめられます。

ですがたくさん食べること、肉類を食べること、どちらも体力を奪ってしまう健康とは逆の食べ方です。

食べ物は胃で消化され、腸で吸収されますが、消化はあなたが考えている以上に体力を消耗する仕事。

そのためむしろ食べる量を減らしてあげることが大切なのです。

とくに私たち日本人の腸は、肉類などの動物性タンパク質の消化を苦手としているため、外国人よりも消化の負担はより大きくなります。 

そのためできるだけ消化にやさしいものを食べることや、食事の量そのものを減らしてあげることが大切なのです。

本来は一日一食でもじゅうぶん

食事の量は少なく減らしても、問題なく生きていけます。

カロリー換算で、1,000kcalでも生きていけるのです。

しかもそれだけのカロリーでも、じゅうぶんに強い体を作ることもできます。

昔の人は超少食なのにたくましかった

昔の日本人は、一汁一菜の粗食であったのにも関わらず、かなり締まってたくましい体だったのはご存じですか?

当時の方々の食事は、今と違ってお米・魚・野菜が中心だったため、カロリーはかなり少なかったようです。

そんな食事でも、飛脚は数百キロも走っていた訳ですから、少ないカロリーでも、人はじゅうぶん動けるものなのでしょう。
 

現代人は食べ過ぎ

現代人はどう考えても食べ過ぎです。

そのため食べる量を減らして、健康な体を手に入れている人が増えています。

食生活を変えるだけで、そこまで変わるのなら体験してみない手はないでしょう。

食事を娯楽に考えないのなら、一日一食でもじゅうぶんなのです。 

必要以上に食べると体の負担になる

何事も適量が大切なのであり、適量以上は体に負担がかかります。

食事の量も、最低限のカロリーは必要です。

ですが必要以上の量を超えてしまえば、体にとっては不要な消化負担になります。

また必要以上に食べると、肥満になってしまう恐れは高くなるでしょう。

定期的なプチ断食から始める一日一食生活

一日一食が体に良いことは分かっていても、急に食生活を切替えることは難しいかもしれないですね

なぜなら、人にはリズムがあるからです。

長年続けてきたリズムを変えることは、大きな力が必要です。

そこで必要なのが、少しずつ変えてリズムに変化を持たせる方法。

一日一食など、いわゆる少食生活を続けている人は、前段階でプチ断食していることがほとんどです。 

たくさんの芸能人もプチ断食をしている

代表的な例では、美輪明宏さんや、GACKTさんなども、定期的なプチ断食を取り入れています。

もちろん有名な女優さんや、ファッション誌のモデルさんもみんな取り入れています。

なぜなら健康・美容・ダイエットに効果があるからです。

どれだけ高級なよい化粧品や美容グッズを使っても、体の中が乱れていれば効果は半減することをみんな知っているのです。

だから体の内側から自分をメンテナンスしているのです。 

プチ断食で免疫も数倍以上に

不要物や毒素の排出以外にも、食べることを止めると、免疫が大幅に向上することが分かっています。

白血球やヘルパーT細胞など、免疫に関わる細胞が大幅に活性化するため、たくさんの病気によい働きをします。

風邪をひいたり病気になったり、体調が悪い時などに食欲がなくなるのは、体のプログラムによって食欲を減らして免疫を高めているからです。

食欲を抑えて強制的にプチ断食の状態にして発熱し、免疫を高めて体を守っているということですね。

  • 断食はメスを使わない手術
  • プチ断食で治せない病気は医者でも治せない

医療大国のドイツには、こんな格言もあるほど浸透している断食の文化。

国民の大多数が一度は断食の経験があるほどです。 

まずはプチ断食からやってみる

これから一日一食の生活を身に付けたいのであれば、まずはプチ断食から始めることをおすすめします。

少しずつ食べ過ぎの習慣から離れて、最終的には一日一食だけの生活に変えられるといいですよね。

プチ断食の詳しい方法については、こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。
 
プチ断食の基本的なやり方・方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です