ダイエットにぴったり!断食におすすめのジュースはこれ

短期間で確実なダイエット効果が得られる断食は、事前の準備が大切です。

断食の前の食事を軽くすることや乗り切るための方法、正しいやり方を押さえてから実行しましょう

今回は断食を成功させるための鍵となる、おすすめのジュースについて紹介します。

ジュース(ドリンク)が断食に必要な理由とは

断食中はこまめな水分補給が大切ですが、それに加えて酵素ドリンクなど、水以外に食事の代わりとなるジュースを飲みましょう。

コーヒーやお茶などの利尿作用があるものは、逆に体から水分を出してしまうので、それ以外のカロリーが低いもの、最低限の栄養が確保できるドリンクを選ぶといいと思います。

いちばんにおすすめなのは「酵素ドリンク」と「スムージー」です。

水だけだとリスクが大きい

断食中は水しか飲まないというイメージを持つ人もいるかもしれませんが、ダイエットや健康のための断食では水だけの断食はリスクが大きいのでおすすめできません。

体調を崩してしまうなどのトラブルの恐れがあるのです。

そのため専門の道場などでも、水以外にジュースを使うところが多いのです。

理由は最低限の栄養を摂らないと生活に支障をきたすことと、つらすぎて途中で挫折してしまう可能性が高くなるからです。

せっかくやるのなら、最後までがんばりたいですよね。

水だけでは空腹に耐えがたくなりますが、ジュースやドリンクがあればそこまで辛くありません。

健康的に痩せるためにはジュース(ドリンク)がぴったり

断食中にお勧めなのは、栄養のあるジュースやドリンクです。

ドリンクなら栄養はありつつもそこまでカロリーが高くなりませんし、何より固形物ではないので消化にエネルギーを使いません。

ジュースには摂取カロリーを少なくするだけでなく、固形物を食べずに胃腸を休ませることでデトックス効果も期待できます。

断食におすすめのジュースと作り方

断食におすすめなのは、栄養が摂れるジュースです。

市販の砂糖がたっぷり入っているようなジュースではなく、野菜や果物などからできているものを飲みましょう。

そして野菜や果物のジュースを選ぶなら手作りのジュースが基本で、作りたてを飲めば野菜や果物の酵素を活きたまま摂ることができます。

手作りのフルーツジュースや人参りんごジュースは、それ自体でも健康的な飲み物として知られているので、試してみる価値は高いと思います。

こんな手作りジュースがおすすめです。

  • 人参りんごジュース
  • 手作りのフルーツジュース

それぞれのジュースについてご紹介します。

人参りんごジュース

人参りんごジュースそのものが売られていることは珍しいですが、市販でも100%のジュースが売っているので、時間がとれない場合はそれを利用しても良さそうです。

手作りする場合は、人参二本とりんご一個をジューサーにかけるだけなので、とてもかんたん。

ミキサーではなくてジューサーを使うのがポイントです。

飲む直前に作るのが一番いいのですが、レモンを絞っておけば日持ちしやすくなるので、朝から夜くらいまでは作り置きしておいても大丈夫です。

人参りんごジュースは体を温めたり、栄養がきちんと摂れるので朝食を人参りんごジュースに置き換える健康法でも使われています。

手作りのフルーツジュース

手作りのフルーツジュースを飲む場合は、季節ごとの旬の果物など、不足しやすい栄養を補ってくれる果物で作りましょう。

このとき気をつけなければならないのはカロリーと糖分です。

フルーツは糖分を多く含むので、出来上がったジュースが甘すぎる場合は、糖分を摂りすぎている可能性があります。

よく選んで作りましょう。

またミキサーで作ると固形物である絞りかすも食べてしまうので、ジューサーを使うことが大切です。

ほかにもあるこんなジュース(ドリンク)

断食中にジュースなどの、サラッとした飲み物だけでがまんができそうにない人は、ヨーグルトや豆乳という手もあります。

どちらも元々体にいい食品なので安心ですがジュースやドリンクよりはカロリーがあるので注意も必要です。

ヨーグルト

ヨーグルトはもともと発酵食品で腸に優しいので、デトックス効果があります。

断食もデトックス効果があるので、便秘などの悩みがある人におすすめ。

断食中にヨーグルトを食べる場合は、食べ過ぎによるカロリー過多に気をつけることや、無糖のものを選ぶこと、水分をたくさん取ることを心がけましょう。

無糖のヨーグルトは食べにくいので、酵素ドリンクなどをかけてもいいですね

ただし動物性の脂質を含むため、できれば避けた方が無難です。

豆乳

豆乳はたんぱく質が多く、腹もちもいいので断食中のドリンクにも向いています。

たんぱく質は筋肉量を保持するのに大切なので、基礎代謝を維持するというメリットがあります。

ダイエットに使うときは、余計なカロリーを摂らないために「無調整豆乳」を選ぶことが大切です。

大豆の味が強く、飲みにくいのが難点ですが、調整豆乳やコーヒー味などは、砂糖が多く使われているのでダイエットには向きません。

市販でおすすめのドリンクとは

ここまでは手作りのドリンクを中心にご紹介させていただきましたが、それよりもおすすめしたいのはこんな市販のドリンクを活用すること。

この3つのドリンクなら、ちゃんと栄養もカロリーもダイエット用に考えられているので、面倒なことを考えなくていいのがうれしいところ。

同じ栄養価のものを自分で作るのは手間やお金がかかります。

そのためわざわざジューサーや果物を買ったりするよりも、酵素ドリンクやスムージーを使う方がずっとメリットがあります。

酵素ドリンク

酵素ドリンクは断食ダイエットでは定番で、どのジュースよりもいちばんにおすすめしたいドリンクです。

その理由は手軽で低カロリー、それでいてビタミンやミネラル、ダイエットをサポートしてくれる酵素までたっぷり含まれているからです。

断食ダイエット中はとにかくお腹が空くこととの戦いです。

やさしい甘さでおいしいものが揃っている酵素ドリンクは、そんな断食ダイエットのつらさをどんなジュースよりもやわらげてくれるでしょう。

>>酵素ドリンクランキングはこちら

スムージー

市販のスムージーは、水などと混ぜて溶かすだけで、かんたんに栄養が摂れる手軽さが魅力です。

たくさん種類があるので、青汁の成分や酵素・乳酸菌など、不足しやすい栄養を補給できるのもうれしいところですね!

とてもヘルシーなので、ダイエット期間でなくても朝食代わりに飲んでいる人も多く、幅広い年代の女性に人気なんです。

また商品によっては、お腹の中で膨らむチアシードが入っているなど、腹もちがよくなるように工夫がされているものもあります。

断食中にお仕事や出かける予定がある人は、出先でも簡単に飲めて腹もちのいいスムージーもおすすめです。

>>スムージーランキングはこちら

コンブチャ

コンブチャはいわゆる「紅茶キノコ」の現代版の飲み物です。

日本でも過去に「紅茶キノコ」が流行しましたが、今はハリウッドで大流行している燃焼系のダイエットドリンク。

ダイエット効果に加えて、乳酸菌の力で便秘改善や美肌効果もあります。

紅茶やお茶に、キノコのようなゲル状のものを漬けこみ発酵させたものですが、おいしく飲みやすいものが揃っています。

ポリフェノールや酵素・ミネラル・ビタミン・アミノ酸など栄養もたっぷりなので、断食中の栄養補給にはもってこいですね。

>>コンブチャランキングはこちら

まとめ

水だけの断食は、空腹感がつらいだけでなく体の不調の原因にもなります。

専門家の指導などがなく、自分だけで断食をする場合は必ずジュースを飲みながら行ってください。

健康法としても親しまれている人参りんごジュースや、手作りのフルーツジュース、食べ過ぎに注意しながらヨーグルトや豆乳などがお勧めです。

また、それよりもおすすめなのは酵素ドリンクやスムージー、コンブチャです。

手間がかからないうえにダイエット効果を考えて作られたものなので、自己流に不安のある人は市販のものを活用しましょう

>>楽痩せしよう!断食・ファスティングにオススメの飲み物5選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です