確実に痩せる方法はこれ!2週間で6キロ痩せるすごいダイエット

こんにちは!

何かしらの理由で確実に痩せないといけない時ってありますよね。

一度付いてしまった脂肪って本当になかなか落ちないもの。

ですがそんな脂肪を撃退して確実に痩せられる方法があります。

もしあなたが2週間以内に痩せないといけない理由があるのなら、断食ダイエットをがおすすめです。

正確には断食ダイエット以外では難しいというのがホンネです

今回は短期間で確実に痩せられる限られたダイエット方法である「断食ダイエット」の方法をご紹介します。

たった6キロでも痩せるのは超大変!

実際に6キロ痩せるのはとても大変なことです。

6キロの脂肪の量を別の物に置き換えてみると、コンビニで売られているペットボトル飲料は500mlですね。

6キロの重さに換算すると、このペットボトル12本分の重さに該当すると考えてください。

これを2週間で減らすのは普通のダイエット方法では難しいのです。

そもそも、長期間だと飽きて長く続かないのが常ですから、6キロ痩せるとこと自体がむずかしいと言えそうです。

これをできるだけ楽に達成できるのが、断食ダイエットです。 

なんとカロリーにして43,200kcal分

1キロ痩せるために必要なカロリーは7,200キロカロリーです。

もし6キロ痩せるのなら、必要な消費カロリーはなんと43,200kcal。

フルマラソン17回でようやく減らせるほどのカロリーです。

2週間でフルマラソンを17回走るためには、1日で51.2キロずつ走る必要なことを考えると事実上困難です。

確かに運動で短期間に痩せる事例はあまり聞きませんよね。

運動はダイエットや健康のためには必ず必要ですが短期間のダイエットには向いていないのです。

◆2週間で6キロ痩せる運動量

  • 7,200kcal × 6キロ = 43,200kcal
  • フルマラソン17回に相当(2,500kcal/回)
  • 1日51.2キロ走る必要ある

普通の方法なら早くて2ヶ月はかかる

どんなに効果があると言われているダイエット方法でも、効果の実感には1ヶ月かかります。

1ヶ月で3キロ痩せられれば大成功と言われますから、6キロ痩せるためには普通のダイエットなら2ヶ月必要なのです。

そんな過酷なダイエットが必要なわけですから、ある程度の覚悟が必要です。

それでも、掲げた目標の通りに痩せられれば、必ず「やって良かった」と思えるはずです。

もう一つお伝えするのなら、断食ダイエットは、あなたが思っているよりもむずかしくありません。

>>3日間断食の方法・やり方

>>プチ断食の方法・やり方

2週間で6キロ痩せるためには断食が最適

必要な時までに必ず結果を出す。

そのためにおすすめしたいのが断食ダイエットです。

先ほどからご紹介させて頂いている通り、2週間以内に6キロ痩せられるダイエットは、断食ダイエット以外では難しいのです。

もし他にあるとすれば脂肪吸引などの外科手術ですが費用も高く皮膚表面にでこぼこが残ったり、痛みもあったりとおすすめできる方法ではありません。

費用や効率、時間、健康への効果も含めて断食ダイエットに軍配が上がります。

断食ダイエットは慣れてしまえば短期間で楽に痩せられるおすすめのダイエット法です。 

断食だと確実に痩せる理由とは

断食中は飲み物を口にしないため、1日当たり1キロのペースで痩せられます。

体熱の維持、内蔵を動かすこと、その他全ての生命活動には莫大なエネルギーが必要なため、食事をしなければ脂肪をどんどん消費します。

毎朝体重計に乗る度に1キロ減っていく快感と驚きは、断食以外では経験できません。

確実に痩せるプラン

◆安全に断食するために

  • 安全にできる日数は3日間
  • 3日間断食を2週間(2回) 合計6日間の断食をする
  • 1日1キロのペースを切ったら適正体重かそれを下回ったサイン

一般的に自宅で安全にできる範囲は最大でも1週間だと言われていますが、より安全にやるのであれば、できれば3日間の断食が良いでしょう。

今回はできるだけ安全に断食ダイエットするために、3日間の断食を2回にかけて行うプランを紹介します。

1回の3日間の断食で3キロのダイエット効果があります。

それを2週間連続、または隔週で計2回6日間の断食をすることで6キロ痩せる方法です。

断食をしているのに、体重が1キロ以上落ちなくなった場合、適正体重になったか下回ったと考えてください。 

具体的な断食方法

断食のプロセスは3つでどれもシンプルな内容ですが1つも要らないプロセスはありません。

1つずつ丁寧に実行していきましょう。

特に断食後に必要な回復食は、体調不良を防ぐこと、リバウンドの防止のためにも必ず丁寧にやるようにしましょう。

  1. ダイエットドリンクの準備
  2. 断食期間(3日間)
  3. 回復期間(1日間)

①ダイエットドリンクの準備

断食ではダイエットドリンクを利用します。

ダイエットドリンクとは、酵素ドリンク、スムージー、コンブチャ、ジュースクレンズなど、断食のために作られたドリンクです。。

断食は何のアイテムも無しにチャレンジすることもできますが、慣れていないと、非常にツラく感じてしまいます。

ダイエットドリンクは断食中に食事の置き換えとして利用します。

断食は想像するだけで分かるように、常に空腹との戦いとなります。

そのため、甘くておいしいダイエットドリンクをたっぷり飲むことで、お腹を満足させながら断食するのが効果的なのです。

  • 1日3食の食事の代わりに飲む
  • 間食や気分転換が必要な時に飲む

断食にダイエットドリンクがおすすめな理由

ダイエットドリンクには、食事の代わりに使用する以外にも、「酵素の補給」というとても重要な目的があります。

酵素とはダ「代謝」に深く関わっている特別なタンパク質で、多くの人が食生活の乱れによって不足しています。

本来であれば生野菜や果物など、生の食材から補給(酵素は熱に弱い)する必要があるのですが食べる機会がなかなか無いため、どうしても不足してしまうのです。

そこでぜひ利用したいのダイエットドリンクというわけです。

ダイエットドリンクで酵素を補給して、体の内側から痩せやすい体質を目指したいですね。

②断食期間(3日間)

断食本番の期間の過ごし方です。断食期間中は「食べない」だけですが食材から水分補給ができないため、水分不足になりやすいです。

こまめな水分補給を心がけてください。

項目 概要
朝食・昼食・夕食 酵素ドリンクを炭酸水で割って飲む
※一般的な酵素ドリンクの場合60ccの原液を240ccで割る
空腹時・気分転換時 酵素ドリンクを炭酸水で割って飲む
※一般的な酵素ドリンクの場合60ccの原液を240ccで割る
水分補給 ■飲んで良い物
・水
・お茶
・フレッシュジュース
・酵素ドリンク
・スムージー
・ジュースクレンズ
・コンブチャ■飲んではいけない物
・コーヒー
・アルコール
・清涼飲料水
・市販の野菜ジュース
過ごし方 出かける用事が無ければ、できるだけ自宅でゆっくり過ごす

③回復期間(1日間)

仕上げに体を断食モードから、通常モードへと戻す作業が回復期間です。

断食中は食事を一切しないため、胃腸は完全に休んでいる状態です。

この時、急に消化負担のかかるものを食べると、ショックを起こしてかなりの確率で体調不良を起こすため、必ず回復期間は作ってください。

方法は準備期間とほぼ同じですが準備期間と違うのは「油分は絶対にNG」だという点です。

胃腸が完全に休んでいる状態の時に油分が入ると、人によっては救急車で運ばれることもあるため絶対に避けるようにしてください。

通常の食事に戻すのは2日目からです。 

項目 概要
食べる量
  • 通常の4分の3以下
  • できれば50%
おすすめの食材
  • おかゆ
避けるべき食材
  • 動物性タンパク質
  • 油分
禁止事項
  • アルコール
  • 間食
  • 夜食

まとめ

断食ダイエットであれば、短期間で痩せなければならないイベントがあっても、2週間あればかなり痩せられます。

この方法を知っておけば、これから先も同じように短期間で痩せられるということ。

挑戦する場合は、ぜひこの方法を思い出してチャレンジしてみてください。

そして断食ダイエットを成功させるためのポイントは、酵素ドリンクを利用すること。

酵素ドリンクなしの自己流で断食をすると、体調を崩す恐れもありますし、空腹にも耐えられずに失敗することだってあります。

ぜひあなたにぴったりな酵素ドリンクで、ダイエットに挑戦してみてくださいね。

>>おすすめの酵素ドリンクランキングを見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です