食べなきゃ痩せる!シンプルで効果的なダイエット方法

「どうしても痩せたいんだけど、運動はしたくないしどうしたらいいの?」

「食べなきゃ痩せるってことは、ようするに断食ダイエットしたらいいってことなのかなあ。」

こんな悩みをお持ちの方は、少なくないのではないでしょうか。

ダイエットは、自分の体重に悩むすべての人に共通するこんな悩みですよね。

ですが「しっかり食べないと太るから、食事はちゃんととりましょう」なんて真逆のアドバイスをする人もいるから混乱しちゃいます。

もしかすると、あなたもこんなアドバイスをもらったことがあるのではないでしょうか。

だけどよく考えてみると、このアドバイスってなんだか違和感がありますよね。

だって太る理由は食べすぎ以外にはありえず、食べる量を減らして太るなんてことはありえません。

今回は太る理由と、どうすればかんたんに痩せられるのかについて、詳細までくわしくご紹介します。

食べるから太る!食べないから痩せる

人は食べるからこそ体重が増えるのです。

必要以上の食事をしているのにも関わらず、体重が減るなんてことはありえません。

ギャル曽根さんのような、食べても吸収されずに脂肪にならない特殊な体質な人なら当てはまりませんが、そんな人は数千人に一人くらいの割合でしかいません。

「痩せの大食い」という言葉がありますが、痩せている人が太っている人よりも、たくさんの量を食べている光景なんて見かけることはありませんよね。

つまりとてもシンプルに特殊な体質の人以外は、食べれば食べるほど太るものなのです。

◆こうなると太る

摂取カロリー > 消費カロリー(基礎代謝+生活活動代謝+食事誘発性熱産生)

あなたの体が消費しているカロリーよりも、食事から得るカロリーが高ければ太ります。

中にはタレントさんのギャル曽根さんや、ユーチューバーの木下ゆうかさんのような、特殊な人もいますが、彼女たちは本当に特別な体質なのだそうです。

痩せている人は食事に気を使っている

痩せている人たちにかならず共通しているのは、みんな食事に気を使っていることです。

食べることにもともと興味のない人もたまにいますが、そんな人もかならず痩せています。

そんな人たちに体重をキープする秘訣を聞くと、みんな口をそろえてこう話してくれました。

「食べなきゃ痩せるよ」

「私だって食べたらすぐ太っちゃうよ。だから食べていないだけ。」

そんな体重の悩みとは無縁の知り合いと話していると、「食べないと逆に太りますよ」というアドバイスに大きな違和感が。

私が経験した食べすぎの失敗と教訓

私も以前は一日に三回の食事にくわえて、甘い物も欠かさず食べていたこともあり、例に漏れず太り続け、150cmの身長で60キロの大台を突破したこともあります。

その時はさすがに、能天気で楽観的な私でも危機を感じ、痩せる決意をして食事を一日二食に変えました。

それだけでもみるみる体重は落ちていき、半年後には50キロを無事に切り、なんとか元に戻すことができてひと安心。

そのあとも食事には気を使ったり、できる範囲で運動を続けていると、さらに痩せて1年後にはなんと45キロにまで落とせました。

この時にはっきりと自覚したことが「食べないとかならず痩せられる」ということです。

実体験として理解しているので、今では体重が増えた時には食べる量を減らすか、時にはまったく食べない日を作って体重を調整しています。

つまり断食ダイエットやプチ断食を覚えてから困らなくなったのです。

▶正しい方法で断食をする

▶だれでもできる!プチ断食ダイエットの方法・やり方

消化の負担は大きい!食べない方が体にやさしい

一日一食で過ごす人は、世の中にたくさんいて、さらにわずかな食べ物だけで生きている人もいます。

「食べること、やめました ―1日青汁1杯だけで元気に13年(マキノ出版)」著者の森美智代さんは、なんとタイトルの通り一日青汁一杯だけ!

100kcalにも満たないカロリーで、まったくの健康体でしかも普通の体型なのだそうです。

人はこれだけのカロリーでも生きていけるのですから、私達が当たり前に食べている量は、少し食べ過ぎなのかもしれません。

一日三食たっぷりと食事、さらに間食、そして夜食までしてはいませんか?

友人と楽しいお酒の時間を過ごしたあとに、締めのラーメンやおそばを食べたりしていませんか?

消化は思っている以上に負担が大きく、必要以上に食べてしまうと、考えている以上に体へ負荷をかけてしまいます。

この状態が続くと、免疫が下がる・慢性的な疲れが取れないなんて問題も。

いつも体調が悪かったり、疲れが取れないと感じているのなら、もですがたら食べすぎが原因かもしれません。

さらに食べすぎが続くとかならず肥満・メタボの原因となり、健康にもっと悪い影響を与えます。

食べることが幸せな気持ちはとてもわかりますが、食べ過ぎによいことは何もないんですよね。

肥満はあなたを悩ませて悲観的な気持ちへ変え、体を疲れさせ、生活習慣病の引き金になる悪習です。

▶断食にはデトックス効果があるのは本当なの?

▶断食で便秘の悩みを解消できるのは本当?

ダイエットで体重をリセットする

体重計・プチ断食・ヘルスメーター

太らないためには、食事の量をふだんから気を付ける必要があります。

「すぐに痩せないとまずい」というほど体重が気になるのなら、まずは短期間で痩せてリセットするといいかもしれません。

つまり集中的にダイエットをして、一度ひと区切りつけてしまうという考え方。

なぜなら太りすぎはさらに太りやすくなる体の仕組みがあるからで、一度痩せてしまった方が体重も維持しやすいのです。

太りすぎがさらに体重を増やす仕組み

太りすぎがさらにデブ化を進めてしまうのは、脂肪が満腹中枢を刺激するホルモンをブロックしてしまうからです。

食欲を抑えて食べすぎを防ぐレプチンと呼ばれるホルモンは、太りすぎると脂肪が作用を妨害し、満腹感を感じにくくなってしまいます。

そのため太りすぎているほど食べる量をコントロールするのがむずかしくなり、結果的にどんどんデブ化を加速させてしまうのです。

太れば太るほど、さらに太る仕組みにハマってしまうなんて本当に怖いと思いませんか?

だからこそ一度ダイエットでリセットし、少ない食事で満足できる体質を作る必要があります。

そしてそこで試して欲しいダイエットが、食べずに痩せる理想的な断食ダイエットなのです。

断食ダイエットをおすすめする理由

断食ダイエットはその名前のとおり、食べずに痩せるダイエットです。

私が断食ダイエットをおすすめする理由は、どんなダイエットよりも短期間でかならず結果を出せるから。

たった三日間で3キロ、五日間耐えられればなんと5キロも痩せられます。

調べるほどたくさんのダイエットがありますが、これだけ短い期間でしっかり痩せられる方法はほかにありません。

たった3キロでも、500mlのペットボトルで考えると6本分ですから、かなりの量が落ちていることになりますよね。

それにこれだけ痩せられると、周りの人はみんなビックリするはず。

周りの人から気づいてもらうと、それがモチベーションになって「もっとがんばろう!」という気持ちになれますよ。

このような理由からも、私は短期間で結果を出せる断食ダイエットをオススメしています。

もちろん私も体重が増えるたびに断食ダイエットで痩せていて、よさを知っているからこそ自信を持ってオススメしているのです。

私自身も断食ダイエットを定期的にやっています。体重を落としてもキープするのって大変ですよね。だから少し体重が増えてしまった時に、調整する目的で断食ダイエットを取り入れているのですがこれ以上のダイエットはまだ見つかりません。

断食ダイエットで食べずに痩せる

断食ダイエットはシンプルでかんたんですから、どんな人にでもできます。

もちろん食べない日数や、やり方にもよりますが、ご紹介する手順のとおりにやればまず失敗はしないと思います。

また手順自体はシンプルなので、とくに迷うこともないでしょう。

断食ダイエットは3キロ痩せる3日間からはじめよう

断食ダイエットをはじめる前に、何日やるのかを決めなければなりません。

1日?3日?一週間?いくらでも日数は選べるけど、はじめて挑戦するのなら3日間がオススメです。

ちょっとがんばれば達成できるし、平均で3キロほど痩せられるので効果も実感しやすいことがその理由。

また週末や連休に合わせて挑戦できる日数であることも、3日間の断食ダイエットをオススメするポイントです。

断食ダイエットで準備すること

断食ダイエットで準備することは、おおきく分けて2つです。

◆準備すること

  • 家族がいる方なら宣言・相談する(心配される)
  • 断食ダイエット用の飲み物を準備する

まず家族がいる方なら、心配されないように相談だけしておきましょう。

急にあなたが何も食べなくなると、かなり心配されることになると思います。

ですので数日前に断食ダイエットで3日間食べないことと、食べなくても健康に何も問題ないことは説明しておきましょう。

つぎに断食ダイエットのための飲み物ですがこんな種類があります。

◆断食ダイエット用の飲み物

どの飲み物も断食ダイエット中に食事の代わりとして使うものです。

水だけではとてもつらい断食ダイエットですがこんな飲み物があれば、空腹感をやわらげられて安全にできます。

またビタミンやミネラルなども含まれているため、食べないことで起こる栄養の不足の心配もありません。

いくつか種類はありますが、断食ダイエットで使われることの多い酵素ドリンクを使うとよいでしょう。

価格も抑えられていて、低カロリー・低糖質なのにもかかわらず、たっぷりの酵素や栄養を摂れるのでこのダイエットに向いています。

そして何よりもとてもおいしいことがオススメしている理由です。

断食ダイエットのやり方

断食ダイエットのやり方の概要をかんたんにまとめてみましょう。

◆断食ダイエットのやり方まとめ

  • 1日目 … 酵素ドリンクで過ごす
  • 2日目 … 酵素ドリンクで過ごす
  • 3日目 … 酵素ドリンクで過ごす
  • 4日目 … 回復期としておかゆと酵素ドリンクで過ごす

このように1〜3日目までは酵素ドリンクで過ごす断食期で、1日に5回を目安に飲みます。

食事の代わりに3回、その合間に2回の合計5回が目安ですがこれだけでもお腹をあまり減らさずに過ごすことができるでしょう。

そして4日目は回復期として、できるだけ具を入れないおかゆと酵素ドリンクで過ごします。

回復期を作らずにもとの食事に戻すと、気分が悪くなるといった体調を崩してしまうこともあるので、忘れずに取り入れてください。

補足ですが酵素ドリンク以外にも水やお茶などで、水分補給をしっかりとしましょう。断食ダイエット中は食事から水分が摂れないので、水分不足になりやすいからです。

食べなきゃ痩せる理由のまとめ

ご紹介のとおり、私たちはだれでも「食べなきゃ痩せる」のです。

反対に太ってしまうのは、食べすぎなことがたったひとつの理由。

「ちゃんと食べないから太る」と真逆のアドバイスを受けることもありますが、これを信じてはいけません。

だって「消費カロリー < 摂取カロリー」になるから体重が増えてしまうわけで、食べて痩せるのなら私たちが悩むことなんてないはずですよね。

そして食べずに痩せるための一番理想の方法が断食ダイエットです。

これまでいろいろなダイエットに失敗してきた人も、3日間もやればかならず結果を残すことができる、とても効果的な手段なのでぜひチャレンジしてみてください。

長い期間だと難しいですが3日間くらいの短期間ならだれにでもできますよ。

あなたも食べずに痩せることを成功させて、憂鬱な悩みを消してしまいましょう。

よりくわしい断食ダイエットのやり方を知りたいのなら、こちらの記事も合わせて読んでみてくださいね。

▶正しい方法で断食をする

▶比較しよう!おすすめの酵素ドリンクランキング2019

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です