これでスッキリ!食べ過ぎた翌日にはファスティングでリセットしよう

「また食べ過ぎちゃた…」

あなたは会食や飲み会などの翌日に、こんな後悔をしたことはありませんか?

友人との楽しい食事や飲み会など、大切な人との食事の日は、その場の雰囲気からどうしても食べ過ぎてしまいますよね。

私も毎回こんな後悔に悩まされるので、その気持ちはとても良く分かります。

分かってはいても、楽しい時間はついつい食べ過ぎちゃうのが人間なのです。

食べ過ぎた日の翌日には、かならず何かしらのケアをしなければなりません。

そのままだと脂肪になってしまう

そのままだと脂肪になってしまう
食べ過ぎたまま、放っておくとどうなるのでしょうか。

とり過ぎた糖質とカロリーは、どこにいくのでしょうか。

答えは簡単!あなたも目を背けたくなるほど理解できている通り、脂肪になります。

体は燃やせないエネルギーは必ず「脂肪として貯蔵」します。

余ったエネルギーはどんどんと底なしに脂肪へと変わります。

これがあまりにも続くと肥満へと変わります。

怖いのは糖質

食べ過ぎで特に気にしなくてはならないのが「糖質」です。

脂質も食べすぎると、もちろん太る原因になりますが、いちばんに警戒すべきは糖質。

脂たっぷりお肉や料理を食べる時よりも、ごはんやパンなどの炭水化物、甘くて美味しいお菓子ほど太る危険性が高いのです。

これまでの通説では「カロリーの摂り過ぎ」が太る原因と言われていました。

ですが最近の学問ではカロリー神話が崩れ去り、糖質こそが肥満の原因であるという見方が一般的です。

そのため最近増えてきているダイエット方法も、糖質制限が増えています。

食べる時には、糖質に気をつかうようにしてください。

食べ過ぎの翌日にはファスティングを

食べ過ぎて後悔したそのつぎの日には、ファスティングをしましょう。

ファスティングは直訳すると「断食」で、文字のどおり「食を断つ」という意味ですね。

ファスティング中は水やお茶、酵素ドリンクだけを飲んで過ごします。

ファスティングをすることで、食べ過ぎた胃腸を休ませてリセットできます。

少し荒療治ではありますが、食べたことを「なかったこと」にしてしまおうということですね。

じゅうぶん過ぎるほどの効果がありますよ。 

ファスティングにはダイエットドリンクを使おう

ファスティングをすると、どうしても空腹との戦いとなります。

最初はなかなか空腹には勝てないので、ダイエットドリンクを使うとよいです。

酵素ドリンクはカロリーが殆ど無いのにも関わらず、自然に甘く、味や香りもとても良いのが特徴。

炭酸水で割って食事の代わりに飲むことで、空腹感を抑えることができ、無理なくファスティングできます。

小腹が空いた時に飲むのも有効な使い方でしょう。水筒やタンブラーに入れて持ち歩くことで外でも飲むことができますよ。

※クリックするとそれぞれの記事一覧へ移動します

胃腸の休息にも

ファスティングのメリットは、食べ過ぎをリセットするほかにも、胃腸を休ませるにも効果的です。

食べ過ぎると胃腸には過度の負担がかかっているため、負担をかけた後には休ませるべきなのです。

消化の負担は私達が思っている何倍にも大きく、一日の消費エネルギーでは相当な量を使っています。

つまり「疲れ」には胃腸の披露も関係していて、消化負担が大きなときには、体がだるく感じることなどもあるのです。

また胃腸が疲れていると集中力も落ちてしまいます。

ファスティングでたまには、胃腸にも休息してもらうことが大切です。 

正しくファスティングに挑戦する

前日の食べ過ぎがどうしても気になるであれば、ファスティングを試してみるのも良いかもしれません。

1日のファスティングなら、そんなに難しいことではありません。

たった1日ではありますが、1キロ分のダイエットが可能ですから、食べすぎた翌日のリセットにはぴったりと言えるでしょう。

この機会にしっかりダイエットしたいと感じるなら、3日間のファスティングにチャレンジしてみるのも一つの手かもしれません。

いずれにしてもファスティングは体のリセットや、ダイエットのためにはとても有効な手段ですから、ぜひ試してみてくださいね。

▶これが基本!正しい断食の方法・やり方をやさしく解説