痩せ薬「ゼニカル」の効果がすごい!危険性や副作用はあるの?

こんにちは!

「痩せる薬があったらいいのに!」

「ゼニカルって薬がいいって聞いたけど本当?」

「ゼニカルって危なくないの?」

あなたはこんな疑問はお持ちではありませんか?

もしできるなら、楽してササッと痩せたい!そんな気持ちは私にも痛いほど分かります。

そして、なんと痩せ薬はたしかに存在します。

医薬品として、有効成分の働きで効果的に痩せられるのです。

ですが100%いいものというわけではありません。

本当に信頼できる痩せ薬なのであれば、世の中に肥満で苦しむ人はいないのです。

今でも肥満が社会問題となっている背景を考えると、痩せ薬が完璧ではないということを示しています。

もしあなたが痩せ薬を使用するのであれば、完璧でなく問題点も多いと認識した上で使ってみましょう。
 
▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら 

ゼニカルの効果の仕組み


痩せ薬として最も認知されている医薬品は「ゼニカル」です。

ゼニカルとは世界5位の製薬会社である「ロシュ製薬※国内では中外製薬がグループ」が製造している医薬品です。

製薬会社が「医薬品」として販売している薬で、明確な有効成分の働きで痩せられる仕組みがあります。

体に油が取り込まれる仕組み

痩せ薬「ゼニカル」の仕組みを知るためには、まず体に脂肪が付く仕組みを知る必要があります。

脂肪が溜め込まれる時は、大きく2つのパターンに大別されます。

  • 脂質からの吸収
  • 糖質からの吸収

あまり知られていませんが、糖質からもたくさんの脂肪が作られます。

今回ご紹介させていただくゼニカルは「脂質からの吸収」に作用する薬です。

食事をして胃に入った油は、胃やすい臓から分泌される酵素「リパーゼ」で消化され吸収されます。

吸収された油はエネルギーとして利用されますが、あまった油は脂肪として体に溜め込まれます。 

有効成分オーリスタットがリパーゼの働きを阻害

通常の流れであれば、脂質はリパーゼの働きで体に吸収されてしまいますが、ゼニカルはリパーゼの働きに作用します。

ゼニカルの有効成分である「オーリスタット」の働きによって、リパーゼの働きを阻害し、脂質の吸収を30%もカットします。

食事の度に脂質を30%もカットしてくれるのはとても心強いですね。 

いつから効果を実感できる?

ゼニカルを使用し始めて、はっきりと効果を実感できるまでには2ヶ月程度の期間が必要です。

1ヶ月で少しずつ効果を感じ始めて、2ヶ月目ではっきりと実感できます。

▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら

効果がないと感じる人とは?

ゼニカルを飲んで効果がないと感じる人は、脂質ではなく糖質の食べ過ぎの可能性があります。

ゼニカルは食べたものの油を吸収しない薬です。

糖質は体の中で脂肪に変化するため、ゼニカルでは抑えることはできません。 

ゼニカルでダイエット

痩せ薬「ゼニカル」に含まれるオーリスタットの力で、脂肪の吸収を抑えられることが分かりました。

では、実際にこの痩せ薬でダイエットすることはできるのでしょうか。 

ゼニカルでダイエットは成功する

ゼニカルで痩せることは充分に可能です。

脂肪の吸収を抑えるのですから、効果は必ずあるとはいえ医薬品の力は強力です

実際に世界中たくさんの人が、ゼニカルでダイエットに成功しています。

また、医薬品として流通していることから分かる通り正しく使えば痩せられます。

ですがゼニカルでカットできる以上の油を口にすれば太る可能性はじゅうぶんにあります。

ふだんから食事の量を減らす意識も必要です。

「脂肪を燃焼してくれる薬」ではなく、「脂質の吸収を止める薬」ということをしっかり認識してください。 

ブログでも痩せられた人は多い

ゼニカルを使ってダイエットをした人のブログを見ても、実際に痩せられた人は多いです。

輸入する必要があるため、利用者はそんなに多くはありませんが、利用者のほとんどはダイエットに成功しています。

ゼニカルの副作用

医薬品には効果が高い反面、必ず副作用があります。

効果の高い薬ほど副作用も強くなりやすいのです。

ゼニカルの副作用についてご説明します。 

臭い油がそのまま出てくる

いちばん怖いところが、油がそのまま出てくることです。

厳密では副作用ではありませんが、副作用以上に怖いため、最初にに紹介させて頂きました。

ゼニカルは脂質の吸収を妨ぎますが、脂質は一体どこに行くのでしょうか。

そのまま油が出てくることになります。

購入者にも「洗濯が大変」という声や、「トイレの掃除が大変」「お風呂の時に気を使う」といった声も多く聞かれます。

関連する副作用として、お腹がゆるい状態が続く場合もあります。
 
▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら

ビタミンやβカロテンなどが不足する

痩せ薬「ゼニカル」の副作用として、ビタミンやβカロテンの吸収も抑える問題があります。

つまり、長く服用しているとお肌の調子や、体調が優れないことも出てくるということです。

とくににお肌の調子は服用する上で悩みになるため、ビタミンサプリも使うことをおすすめします。

未承認薬だということを忘れない

ゼニカルは世界的に認められている医薬品ですが、日本では承認されていない未承認薬です。

未承認薬とは「効果は分かっているが、全面的な検証が取れておらず承認されていない医薬品」のことです。

日本の基準はとても厳しいため、承認されるまでに相当な時間がかかるのです。

つまり現時点では輸入代行を経由して購入する必要があります。
 
▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら

肝臓や腎臓への負担

ゼニカルを利用する場合、気をつけていなければならないのが肝臓や腎臓への負担です。

国内でも、これまで10件以上の大きな副作用が報告されているため、以下のような症状が出たらすぐに使用を中止してください。

  • 食欲不振や体のだるさ
  • 白目部分が黄味がかっている
  • 異常なむくみ

生理への影響

もともと生理不順気味な女性も利用には気を付けましょう。

ゼニカルの副作用で、生理不順になる例も報告されています。

もともと、その傾向がある方の場合さらにひどくなる恐れもあるため利用は控えましょう。

また妊婦さんや授乳中の方も必ず控えるようにしてください。

ゼニカルを通販する方法

ゼニカルを購入するためには、基本的には通販しかありません。

未承認薬のため、処方などはしてもらえず輸入代行を利用するしかありません。
 
▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら

楽天・Amazonでは通販できない

ゼニカルは楽天やAmazonでは、もちろん購入はできません。

薬品は楽天では便利に購入できますが、輸入代行ですからNGです。

代行業者以外からは購入できません。 

安い通販先はここ!

  1箱(84錠) 2箱(168錠) 3箱(252錠) 5箱(420錠) 7箱(588錠)  12箱(1008錠)
数量目安 1ヶ月分 2ヶ月分 3ヶ月分 5ヶ月分 7ヶ月分  12ヶ月分
金額 12,716円 23,143円 33,341円 53,486円 73,871円 119,980円
箱当たり 12,716円 11,571円 11,113円 10,697円 10,553円 9,998円

ゼニカルの費用は、概ね1ヶ月で10,000〜13,000円程度と考えておけばいいでしょう。

使い方は毎食1錠、毎日3錠を標準に服用します。

2ヶ月から3ヶ月で4キロ程度痩せられるという声が多いことから、目標を決めて購入数を検討するのが良いでしょう。

ゼニカルを安く輸入代行で通販できるのは、あんしん通販薬局です。

もし購入を迷っているのなら、少し考えてみてください。

確かにゼニカルは少しリスクがあります。

ですがそれ以上のメリットもありますから、本当に痩せたいのなら、ぜひ試してみてくださいね。

▶ゼニカル84錠(1箱)の購入はこちら
 
ゼニカル84錠|あんしん通販薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です