優光泉で断食した後の回復食の方法

優光泉で断食ダイエットをしたあとには、できるかぎり回復食が必要です。

回復食と聞くとむずかしそうに感じてしまいますが、そんなことはありません。

断食ダイエットのあとは、できるだけ胃腸に負担をかけないように、少しずつ普通の食事に戻していくことが必要なのです。

決してむずかしいことではありませんが、食べられるものと食べられないものもあるため、やり方をしっかりと理解しておく必要があります。

今回は優光泉で断食したあとの、回復食の解説です。

▶優光泉の公式サイトはこちら

優光泉で断食ダイエットした後の回復食

回復食の日数は、断食ダイエットをした日数によって変わります。

つぎの3つのパターンが回復食の参考日数です。

  • 断食1〜3日間 ⇒ 回復食1日
  • 断食4〜6日間 ⇒ 回復食2日間
  • 断食1週間  ⇒ 回復食3日間

ここで紹介するのは1週間までの断食までとなっていますが、これにはじつは大きな理由があります。

それは1週間以上の断食ダイエットは、慣れていない人が始めるには危険だということ。

長期間の断食ダイエットの場合、専門家の指導も必要になるため無理をしないようにしてください。

▶優光泉の公式サイトはこちら

回復食で食べて良いものとは

回復食で選ぶ食事は、基本的に「消化に良い物」で、おかゆなどを中心とする食事です。

つぎの表が基本的な回復食のメニューですから、ぜひ参考にしてみてください。

また回復食中には、食べたことでかえってお腹が空いてたまらない、と感じることもあるかもしれません。

そんなときには、優光泉をたっぷりと体に染み込ませるように飲みましょう。

優光泉は回復食のときにも役に立つ、とても便利な酵素ドリンクでもあるのです。

  1日目 2日目 3日目
回復食1日
(断食1〜3日間)
・朝:お粥
・夕:お粥
・いつも通り ・いつも通り
回復食2日間
(断食4〜7日間)
・朝:重湯
・夕:重湯
・朝:お粥
・夕:お粥
・いつも通り
回復食3日間
(断食7日間以上)
・朝:重湯
・夕:重湯
・朝:お粥
・夕:お粥
・玄米食を軽く
(白米と軽い副菜で代用可)
・わかめと豆腐の味噌汁
・しらすおろし
・漬物など

なぜ回復食が必要なの?

ところで断食ダイエットのあとに、なぜ回復食が必要になのでしょうか。

それは断食中は、消化器官が休んでいるため、食事で体に負担をかけると体調を崩してしまうことがあるからです。

実際に入院で絶食中の患者さんが、急に肉や油など、消化負担のかかる物を食べると、あっという間に体調を崩してしまうことはよく知られています。

断食明けの回復食がおかゆであることは、これが理由だったのです。

1週間ほどの断食ダイエットをした場合

もし1週間ほどの長い断食ダイエットをした場合は、ほかのやり方とは少し変わります。

まず1日目は重湯にします。

おかゆ以外では、油分が入っていない薄い味付けの野菜スープや、具の入っていないダシの効いたお味噌汁でも良いでしょう。

おかゆよりも、さらに消化負担の少ない重湯などで体慣らしが必要なんです。

一週間ぶりの食事なら、重湯であってもそのおいしさにびっくりするはず。

調味料に慣れきってしまっていた舌が、断食で繊細な感覚が戻るため、お米やスープの味をしっかりと感じ取れることにおどろくはずです。

こうして少しずつふだんの食事に戻していきますが、柔らかめのご飯・野菜(温野菜が良い)・果物・味噌汁・漬物・豆腐など、胃腸にやさしい物を選びましょう。

回復食で口にしてはいけないものとは?

回復食で特に口にしてはいけないのが「油」「肉」「アルコール」です。

「油」と「肉」は断食明けの体では処理ができず、リフィーディング現象と呼ばれる、体の不調の引き金になる恐れがあるのです。

断食後は体が使っているエネルギーの経路が違うため、体が処理できずに大きな負担がかかるためなんですね。

「アルコール」も同様に、体に大きな負担がかかります。

場合によっては、救急車で運ばれることもあるほど大きく体調を壊す恐れもあるため、この3つはかならず避けてください。

どうしても食欲が抑えられない時には、優光泉をたっぷりと飲んで、おいしい物は体が慣れてきてからにしましょう。

▶優光泉の公式サイトはこちら

まとめ

断食ダイエット明けの回復食は、ていねいにしなければ体に負担がかかります。

1日目のおかゆからていねいに始めて、少しずつ元の食事に戻していきましょう。

回復食で物足りない時には優光泉をたっぷりと飲み、回復食のサポートに使うとより楽に過ごすことができますよ。

優光泉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です