絶食でダイエットをすると痩せる3つの理由とは

ダイエットにはいろいろな方法があります。

ですが実際に成功する方法は、王道のダイエットであり、食事と運動がそれです。

その中でも絶食や断食は、はるか昔から存在する、王道中の王道といっても良いダイエットです。

古い時代には紀元前から、ギリシャの哲学黎明期からも哲学者達により健康法として、はたまた修行の一環としても実践されてきた本質的な手法でもあります。

日本でも遥か過去の時代より絶食は行われてきました。

現代においても意図的に絶食を行う人が変わらずおり、それどころか飽食の時代に興味を持つ人もたくさん増えています。

結果的にはカロリー量が物を言う

ダイエットの基本として、やはりカロリーで考えることでしょう。

たとえどんなダイエット方法が存在したとしても、糖質と資質を落としてカロリーを落とさなければ、体重を減らすことはできません。

世に存在するダイエットは、つぎに当てはまらないと成り立ちません。

摂取カロリー < 消費カロリー

そのため特定の物を食べるだけ、といった毎年流行して消えていくダイエットは、この式に当てはまらないためにうまくいかないともいえます。

逆にいうと、流行で一過性に見えるダイエットでも、この式に当てはまれば痩せるということ。

とにかく痩せるためには、食事のカロリーを下げるか、消費するカロリーを上げるかの、どちらかを意識する必要が出てくるのです。

その中でももっとも単純明快な方法が絶食です。

食べないのですから、体に入るカロリーが絶たれる分、どんな手法よりも圧倒的に痩せることができます。

つまり絶食は、とてもダイエットに向いている方法だといえそうです。

運動で消費できるカロリーの限界

痩せるために有効な手段として、食事と別に運動があります。

運動は必要ですが、完全だとはいえません。

週三日間のペースで、半年以上も適度な運動を続けていると、毛細血管を20倍以上に増えます。

また脂肪を燃やす酵素を多量に作り出すために、痩せやすい体を作ります。

つまり運動はダイエットのためにはとても有効で、健康とも深く関わるためにぜひ生活に取り入れるべき習慣です。

ですが単純に痩せるということにフォーカスした場合、運動だけでは不十分と感じており、食事についてコントロールすることが必要だと分かりました。

なぜなら運動で消費するカロリーはとても少なく、劇的なダイエットを体験するには、あまりにも遠いからです。

たとえば1kgのダイエットをするために必要なカロリーは7,200kcal前後と言われていますが、フルマラソン換算で2回半です。

対して一日の摂取カロリーは、ほとんどの方がどれだけ少なくとも1,700kcal、体重が気になるほどの方であれば2,000kcal以上は食べていることでしょう。

つまりこれを絶食すれば、摂取カロリー0kcal+基礎代謝のカロリーにより加速度的に痩せていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です